活動報告一覧

  • 証券ゼミナール大会

     12月8日と12月9日は、証券ゼミナール大会でした。大会前最後のゼミ以降、証券市場活性化チームと投資信託両チームは、先生から指摘された課題に対して、個別に先生の研究室で回答や、それに対する指導をしてもらったほか、プレゼンの最終調整をしました。  大会までの間、それぞれのチームがパワーポイントや発表原稿の微修正や、相手

    続きを読む
  • ゼミ、サブゼミ報告(3期生)

    11月17日のゼミでは、証券ゼミナール大会の報告をし、サブゼミにはキャリアセンターの菊原さんをお招きし、就職活動に向けてのお話をして頂きました。 まず初めに、証券ゼミナール大会の報告では国内証券市場チーム、投資信託チーム、両チームともにパワーポイントを使用し、10分間の発表を行いました。どちらのチームも目標の9分30秒

    続きを読む
  • 4期生ゼミ活動報告

    今回のゼミは、通常通り新聞記事報告とテキスト報告を行いました。 新聞記事報告は物言う株主について行われ、「機関化の利点と弊害」ついての議論を行いました。この機関化については証券ゼミナール大会でのテーマにもなっているため、今後もしっかり学習しなくてはいけないなと感じました。 テキスト報告では証券業者についてを学習しました

    続きを読む
  • プレゼン練習始めました(3期生)

    ゼミナール大会の論文を提出しましたので、今回からはプレゼンや討論に向けたゼミが行われます。 まずはいつものように、新聞報告を行いました。今回のテーマは「企業統治改善へ共同対話」という記事を取り上げました。報告では、機関投資家が連携して企業と対話(集団的エンゲージメント)することで、上場企業に対する発言力が増し、企業価値

    続きを読む
  • ゼミ活動報告(4期生)

    今回のゼミでは、新聞記事報告とテキストの輪読を行いました. 新聞記事報告のテーマが,日銀のETF購入に関するものであったので,「日銀のETF購入に賛成か反対か」をテーマに討論を行いました.討論では意見は出るものの,相手の意見に対して,反論していくことができませんでした.次回以降のゼミで,より深い議論を行うためにも,しっ

    続きを読む
  • 3期生ゼミ活動報告

    論文提出まであと1週間となりました。 新聞報告では、「持ち合い株 解消後押し 市場通さず個人に売却」という記事について議論しました。昔は、銀行と事業会社がお互いに株式の持ち合いをしていましたが、現在は銀行が優良な事業会社の株式を持っているのに対し、事業会社による銀行株の保有は減っていることや、事業会社同士の持ち合いは事

    続きを読む
  • ゼミ活動報告(4期生)

    近頃、冷え込みが厳しく、季節の変わり目が訪れているように感じるこの頃です。 ゼミの活動は、変わることなく行われています。初めに、新聞記事報告では「なぜAI投信はパフォーマンスがいいのか?」をテーマに個々が意見を出し合いました。 今回の記事では、AIが投資手法を決定し、完全にAIが運用先を決定する投信を販売したとの記事で

    続きを読む
  • ゼミナール大会参加論文完成しました

    今日のゼミは、12月に行われる証券ゼミナール大会の参加論文の仕上げをしました。 4月から準備を始め、約半年、色々なことがありましたが、何とか両チームとも30,000字を超える論文を書き上げました。 通常のゼミの時間が終わった後も、最後のチェックをして、表紙や目次を作って完成。〆切ギリギリに連盟へ提出できました。 連盟に

    続きを読む
  • 後期3回目のゼミです(4期生)

    今日のゼミではいつもと同じく、新聞記事の発表とそれに関連する討論、そしてテキストの輪読をしました。 まず、新聞記事の報告では、フィンテック関連の記事が報告されました。これを踏まえて、「仮想通貨は日本で日常的に使われるようになるか」というテーマで討論をしました。一人一人が自分の意見を持ち、熱い討論を繰り広げることができま

    続きを読む
  • 3期生ゼミ活動報告

    いよいよ10月に突入しました。証券ゼミナール大会の論文提出まで1ヵ月を切り、大詰めを迎えています。ゼミにも少しずつ、これまでになかった緊張感が出てきています。 新聞報告では「10兆円市場 若者に狙い」という、つみたてNISAに関しての記事について議論し、この制度は手間が掛かるものの儲からないという意見や、お金のない若年

    続きを読む
  • サブゼミを行いました(3期生)

    9月29日のゼミでは、証券ゼミナール大会に向けての中間報告と、その後のサブゼミでは、株式会社セブン&アイ・ホールディングス広報センターの小野さんをお招きし、講演をして頂きました。 証券ゼミナール大会へ向けて、今回は投資信託チーム、国内証券市場チームの両チームが、進捗報告を行いました。どちらのチームも論文提出に向

    続きを読む
  • 後期2回目のゼミです(4期生)

    今回は、後期2回目のゼミです。 新聞記事報告はREITの記事について行われ、「REITの価格下落を抑制するにはどうすればよいか?」というテーマで、みんながそれぞれ考えてきたことを発表し、討論しました。オリンピック向けの施設に特化したファンドを作ってはどうか。新規に開発して地価を上昇させればよいのではないか、トランクルー

    続きを読む
  • 後期のゼミが始まりました(4期生)

    長いようで短い夏休みが終わり、後期のゼミが始まりました。前期同様、新聞報告とテキスト報告を行いました。 まず、新聞報告では投信手数料7年ぶり低水準長期マネー取り込み急ぐ、という記事を取り上げました。そして、「長期投資こそが善と言われているが、本当にそうなのか」というテーマでそうか否かに別れ、ディスカッションを行いました

    続きを読む
  • 東洋大学中澤ゼミナールさんと合同ゼミを行いました(3期生)

    先週土曜日に,証券ゼミナール大会に向けて東洋大学中澤ゼミナールさんとの合同ゼミを行いました. 深見ゼミは「資産形成手段としての投資信託」「今後の国内証券市場の活性化について」で,ゼミナール大会に参加を予定しており,中澤ゼミさんは「資産形成手段としての投資信託」「機関投資家の投資行動と証券市場」「日本企業の資金調達のあり

    続きを読む
  • ゼミ合宿を行いました。

    9月10日、11日に埼玉県秩父の宮本の湯で、2.3.4年生合同での合宿を行いました。 合宿1日目は、4年生が卒業論文の報告をし,それに対して先生がコメントをされていきました.今年の卒業論文は Fintech をテーマにする人が多く,よく似た話が何度か出てきましたが,それぞれが異なる視点から報告されていました. 2日目は

    続きを読む
  • 前期最後のゼミでした(3期生)

    7月21日のゼミは、前期最後のゼミでした。今回も新聞学習と証券ゼミナール大会の中間報告を行いました。 新聞学習では、“マイナンバー登録 顧客獲得の壁に”という記事について行いました。この記事は「貯蓄から資産形成へ」の流れが思うように進まない要因の一つとして、マイナンバー登録があるというものです。 昨年から証券口座開設の

    続きを読む
  • サブゼミを行いました(3期生)

    前期最後のゼミが終わりましたが、7月31日に証券ゼミナール大会の論文の内容を高めるために、藍澤証券で経営企画をしておられる馬場様をお迎えし、証券会社経営の実際をお伺いする機会を設けて頂きました。馬場様、お忙しい中、私たちのためにお時間を取ってくださいまして、ありがとうございました。 日本人の金融リテラシーについてどう思

    続きを読む
  • ゼミ&第4回サブゼミ報告(3期生)

     今回のゼミはいつもと異なり、藍澤証券経営企画室の馬場雄一様にご同席頂いた上で行われました。新聞報告では「投信業界、「説教」に嘆き」という記事が報告され、金融庁の森長官が、投資信託の顧客本位への転換を迫っているが、手数料収入に頼ってきた業界にとっては、顧客本位と収益の確保の両立が手探りの段階であると報告された。この記事

    続きを読む
  • 4期生ゼミ活動報告

    証券研究関東学生連盟の「春季セミナー大会」も終わり、今回のゼミは、通常通りの新聞報告とテキスト報告を行いました。 テキスト報告では債券の発行・流通市場について取り上げ、公募と私募の違いや店頭取引についてを学びました。 新聞報告では賃金が上昇するという記事を取り上げ、「これからも賃金が上がるか,否か」に分かれて、ディスカ

    続きを読む
  • ディベート練習をしました(4期生)

    今回は、いつものゼミと異なり、いよいよ2日後に迫った「春季セミナー大会」のディベートの練習をしました。2年生にとっては初めての経験でもあり、最初は緊張していましたが、いい練習になりました。 今日は七夕だったので、3チームともいい結果が出るように織姫と彦星に願い事をしました!残り2日、全量を出せるように最大限の準備をして

    続きを読む
  • 「春季セミナー大会」に参加しました(4期生)

    証券研究関東学生連盟が主催する「春季セミナー大会」に参加しました.結果は残念ながら,優秀賞の獲得はできませんでした.しかし,2年生に感想を聞いてみると,「悔しかった」「もっと勉強しなければ勝てない」など,前向きな感想が多かったように思います. 悔しい経験をした2年生も,冬の証券ゼミナール大会に3年生の助っ人として,参加

    続きを読む
  • 第11回ゼミ活動報告(3期生)

    前期のゼミも残り少なくなってきました。今回の新聞学習では、“銀行の国際保有 最低に”という記事について討論しました。 この記事は地方銀行の国債保有額が減っていて、これはマイナス金利を背景に手持ちの国債を売却し当面の利益確保を行っている、という内容でした。 この記事の中で私たちが注目した点は“今、日本の国債を買っているの

    続きを読む
  • 第10回ゼミ活動報告(3期生)

    第10回目のゼミが行われました.今回のゼミは4年生も参加して下さいました. 新聞報告では「投信コスト見える化」という記事について,岡田君が報告しました.この記事を踏まえ,コストを見える化するだけで,本当に個人の証券投資を促すことになるのかをテーマに議論しましたが,それだけでは促すことは難しいという結論に至りました.そこ

    続きを読む
  • 第10回目ゼミ活動報告(4期生)

    第10回目のゼミでは、いつもと同様に新聞報告を行った後、テキストの輪読ではなく、今回は関東証券研究学生連盟が開催する春季セミナーに向けた準備を行いました。 まず新聞報告では「中国社債発行が半減」という記事が発表され、なぜこのようなことが起きるのかについて背景を学び、加えて日本と中国のインターバンク市場の構造の違いについ

    続きを読む
  • 6月23日のゼミ、サブゼミ報告(3期生)

    6月23日のゼミでは、新聞報告と証券ゼミナール大会の中間報告、外部の方をゲストにお招きしたサブゼミを行いました。 まず初めに新聞報告では、“マネックス証券が個人型DC”という記事について討論を行いました。この記事はSBI証券と楽天証券に続き、マネックス証券が個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)に9月下旬より参入する

    続きを読む
  • 第9回目のゼミが行われました。

    第9回目のゼミが行われました。 新聞記事報告では「東京都改革関連銘柄」の上昇の記事について扱い、それを元にマイナス金利や為替相場についても学びました。 テキスト報告では、債券の基礎知識について学びました。今回学んだ利回り計算は、FPのテストでも必須とのことだったので、しっかりと覚えなくてはと思いました。 また、新聞記事

    続きを読む
  • BBQを行いました

    昨日は,経済学部ゼミナール連合会主催のスポーツ大会が予定されていました.深見ゼミではスポーツ大会の後,ゼミ全体でのBBQ大会も予定されていました. が,あいにくの雨.スポーツ大会は中止となりましたが,BBQ大会は決行しました.場所は新宿Flagsの屋上です.雨の中なぜ???と思われるかもしれませんが,雨除けテントも完備

    続きを読む
  • 第8回目のゼミが行われました(3期生)

    第8回目のゼミが行われました。新聞報告では「議決権行使 個別に開示、透明性高まる」という記事について、議決権行使結果の個別開示の利点について議論しました。機関投資家の議決権行使結果を個別案件まで開示することにより、機関投資家が真に株主のために議決権行使をしているか、否かが見分けられるようになることによって、従来、親会社

    続きを読む
  • 3期生ゼミ活動報告

    6月2日のゼミでは、新聞学習と投資信託チームの中間報告を行いました。 新聞学習では「配当5年連続過去最高 4社に1社、増配」という記事を読み、“株主還元の究極の目的”について討論しました。 株主還元をする理由は ・長期投資家を増やすため ・株価の維持 ・内部留保の過大を避けるため ・買収防衛策 以上の考えが上がりました

    続きを読む
  • 第7回ゼミが行われました。(4期生)

    第7回ゼミが行われました。初めに、今後の活動スケジュール等を確認しました。 新聞記事では、「配当、5年連続最高」という記事が報告されました。なぜ企業は増復配するのか。また、自社株買いも含め、企業の究極な目的(真意)は何かについて議論し、多数の意見が出されました。 テキスト報告では、わが国の株式市場、上場制度の変化を中心

    続きを読む
  • ゼミ活動報告(2期生)

    今回のゼミは、まずゼミ生の就職活動の進捗状況を報告しあうことから始めた。何人かのゼミ生には内定が出始めており、全体的にはうまくいっているようである。まだ内定がない人もいるが、最後まで前向きに頑張りたいと思う。 次に卒業論文の報告を上田さんが行った。内容は『中小企業の資金調達について』であり、今回は論文における大きな枠組

    続きを読む
  • 第6回のゼミとサブゼミを行いました(3期生)

    第6回のゼミでは、新聞報告にグループワーク報告、そして2回目のサブゼミを行いました。 新聞報告では「外貨建て社債発行額が最高」という記事について、昨年度の発行額は45%増えており、それを金融機関が牽引しているという記事をもとに、金融機関や企業が外貨建社債を発行する理由などについて議論しました。 また、チーム報告では、証

    続きを読む
  • 今回でゼミは6回目となりました(4期生)。

    今回でゼミは6回目となりました。今回も新聞記事の発表とテキストの発表をしました。 新聞記事は、アメリカ大統領選の影響によるドルの下落と、金価格の上昇についての報告が行われ、それをもとに効率的市場仮説についても学びました。 テキスト報告では、今までとは違い、アメリカの証券市場の事柄が中心となったため難解な内容でした。今回

    続きを読む
  • 5月19日のゼミ報告(3期生)

    5月19日のゼミでは、新聞学習と証券ゼミナール大会の中間発表を行いました。 新聞学習では、「情報開示 速やかに」という記事を元に、重要な情報の公平な開示を求めるルールなどを定めた改正金融商品取引法が成立したが、この規定が必要だと思うか、否かを議論しました。 必要だと思う意見には ・アメリカが既に行っている制度だから模倣

    続きを読む
  • 今日は第5回目のゼミでした(4期生)

    今日は第5回目のゼミでした。5回目のゼミなので、だいぶみんなが毎回のゼミでの役割を遂行することに慣れてきて、とてもスムーズに進行することができました。 今日のテーマは株式発行市場についてテキストを輪読しました。深見先生曰く、来年の証券ゼミナール大会に必ず結びついてくる内容だそうだったのですが、全員の理解度がとても高かっ

    続きを読む
  • 第4回ゼミ(3期生)

    5月12日のゼミでは、新聞報告とゼミナール大会に向けた中間発表を行いました。 新聞報告では大木君が、「投信不信 迷うマネー」という記事について、金融庁が批判した毎月分配型の投信の販売を自粛する動きが広がり、最大の売れ筋商品だった毎月分配型の販売が減少したことや、6000本もの投信が乱立し選ぶことが容易ではなくなっている

    続きを読む
  • 第4回ゼミ(4期生)

    第4回ゼミでは、初めに平成29年度「春季セミナー大会」について内容を確認し、4年生との混成チームを組んで参加することになりました。 新聞記事報告では、「米マクドナルド株売却凍結」という記事が報告されました。売却凍結に至った経緯として、1つ目は業績の改善により、再び海外部門を牽引するまで復活したこと、2つ目は株価が高値で

    続きを読む
  • 第3回ゼミ(3期生)

    4月28日のゼミでは、新聞学習と証券ゼミナール大会に向けた中間発表を行いました。また、2時間目に行われたサブゼミでは、軽自動車を中心とした自動車メーカーのスズキ株式会社から下林岳さんをお招きし、講演して頂きました。 新聞学習では、“金融庁と業界 すきま風”という記事が報告され、この記事で言われている課題を先生に説明して

    続きを読む
  • 第3回ゼミ(4期生)

     第3回のゼミを行いました。今回のゼミでは、初めてゼミ生が議長、報告者、コメンターを担当して、討論を行いました。  新聞記事報告では、フランスの選挙について大塚君が報告しました。そして、記事に関連して、なぜ極右政党が欧米で支持されるのか、また、世界的な経済不安の際に、なぜ日本円が高くなるのかを学習しました。  続くテキ

    続きを読む
  • 第2回ゼミ(3期生)

     3年生の第2回ゼミでは、新聞報告と証券ゼミナール大会に向けた研究を始めたので、その1回目の中間報告をしました。  新聞報告では、「大手金融、創薬に商機」という記事が報告され、なぜ大手金融機関が創薬ベンチャーへの投資に商機を見いだしたというものです。この記事報告を受け、なぜ銀行が直接融資をせず、投資ファンドという形をと

    続きを読む
  • 4年生初めてのゼミでした(2期生)

    今回のゼミは、4年生になって初めてのゼミであった。4年生は就職活動中であるので、なかなか全員が参加することは難しいが、昨年年度と同様に新聞記事の報告と卒業研究の中間発表が行われた。 新聞記事の報告は「フィンテック対応出遅れ」という記事で、海外よりも日本はフィンテック関連事業に遅れをとっているというものであり、また国内と

    続きを読む
  • 2年生ゼミが始まりました(4期生)

    今日は、我々2年生にとって最初の授業でした。最初の授業ということもあり、みんな若干緊張していたのですが、深見先生の持ち前の明るさのおかげで、楽しい雰囲気の中授業を受けることができました! 初回は、間接金融や直接金融など基本的なことを学びました。 来週からは、自分たち自身で新聞スクラップや討論が始まるのでしっかり準備して

    続きを読む
  • 今年度初のゼミでした(3期生)

    4月14日のゼミは、3年生今年度初のゼミでした。新しいゼミ生も迎え心機一転しました。 今年度は証券ゼミナール大会にも参加します。そのため、1回目のゼミでは論文の執筆について学びました。 論文を書くにあたり、テーマの探し方、論文全体の見取り図の考え方、論文構成の組み立て方、文献の探し方などを学びました。論文を書く時は、序

    続きを読む
  • 1期生が卒業しました(1期生)

    昨日、駒澤大学の卒業式が行われました。深見ゼミ1期生も全員無事に卒業しました。また、大変嬉しいことに、今年の商学科の首席をこのゼミから輩出できました。 私が駒澤大学に着任したばかりでしたので、こちらも駒大生に対して、どのようにゼミを運営しようか模索しながらの2年間でしたから、皆さんの期待に十分応えられなかった面は否定で

    続きを読む
  • 1期生の謝恩会を行いました(1期生)

    昨日、深沢校舎洋館小ホールで、2年生、3年生も参加し、1期生の謝恩会を行いました。今日、1期生全員が駒澤大学を卒業します。 Facebook

    続きを読む
  • 東証、日本銀行見学(3期生、4期生)

    3月13日に4期生とともに、東京証券取引所と日本銀行の見学に行きました。 午前中は、東証の髙橋さんにご説明を頂きながら、東京証券取引所を見学しました。マーケットセンターでは、内部で働いている社員の方が市場監視を行っていることや、なぜ市場監視が必要なのかなどをご説明頂き、次に上場の鐘をなぜ5回叩くのか、さらにはチッカーの

    続きを読む
  • ゼミ論集を刊行しました。

    深見ゼミは、この1年間公益財団法人石井記念証券奨学財団から、団体助成を頂き,ゼミ活動を行ってきました.この1年間の3年生,4年生の学修成果を,ゼミ論集として刊行することができました. 4年生の卒業論文7本と,3年生の証券ゼミナール大会参加論文,プレゼンテーション資料,さらには写真で振り返る1年間の活動を収録しています.

    続きを読む
  • 証券ゼミナール大会の振り返り(2期生)

    12月8日、9日の2日間に亘り、この1年間の集大成である証券ゼミナール大会に参加しました。 私達、駒澤大学深見ゼミナールは、第3テーマ「証券流通市場の活性化」と、第4テーマ「地方系独立証券会社のビジネスモデル」の二つに出場致しました。 初日は開会式が終わり次第、それぞれのテーマごとに分かれ、まず最初に各チームが論文の内

    続きを読む
  • 1月6日のゼミ活動報告(3期生)

    1月6日のゼミでは、日本証券業協会の飯島さんと、投資信託協会の板垣さんをお招きして、証券業について講演して頂きました。 講演を始めるにあたって、飯島さんから、「人生において大切なものは?」と質問を受けました。ゼミ生からは、「仕事、家、家族、健康」など様々な意見が出ました。私たちの答えを聞かれた上で、飯島さんは、「これら

    続きを読む
  • 11月24日のゼミ活動報告(2期生)

     今回のゼミは、通常のゼミとサブゼミが行われました。通常のゼミは12月に行われる証券ゼミナール大会に向けた発表練習を行い、サブゼミでは株式会社キューブシステムから正田さんをお招きし、私達に就職活動に向けたお話をしてくださいました。  まずはじめに、通常のゼミでは、証券ゼミナール大会まで残り1ヶ月を切り、プレゼンテーショ

    続きを読む