活動報告一覧

  • 2021年7月7日7期生第4回サブゼミ

  • 第11回ゼミ+サブゼミ(7期生)

    今週の授業は、プレゼン練習を行いました。3度目のプレゼン練習となりますが、今回は「深見ゼミ紹介」をテーマにプレゼン練習を行いました。プレゼンはどの班も成長が感じられ、2年生のプレゼンや発表への抵抗は、なくなったのではないかと思います。証券ゼミナール大会では、2年生の発表や討論への積極的な参加が勝敗を分けますので、今後も

    続きを読む
  • 2021年6月25日7期生第3回サブゼミ

  • 2021年7月7日第9回ゼミ+サブゼミ(7期生)

    今週のゼミでは各班が世界遺産の中から最も薦める場所を取り上げて、その魅力をパワーポイントにまとめ発表し合い、どの班の発表が1番良かったかを決める2度目のプレゼン大会を行いました。今回は日本以外という条件で行い、スペインのガウディ建築作品を取り上げるチーム、ゴールドコーストを取り上げるチーム、それから世界遺産にはなってい

    続きを読む
  • 2021年6月25日第10回ゼミ(7期生)

    6月25日のゼミでは、「上場基準を規制か緩和か」という議題でディベートをしました。 どの班も上場基準は規制すべき、つまり2022年の新しい市場区分のままにすべきだと主張していました。わずかな主張の違い、維持基準を厳しく、経過措置、ROICが主な討論の内容となりました。質問に対してどの班も受け答えはできていましたが、質問

    続きを読む
  • 2021年6月11日第8回ゼミ(7期生)

    今日は各班それぞれ、大会テーマについて調べてきた内容の中間発表をしました。今回の授業も対面とオンラインを使ったハイブリッドで授業を行い、濃厚接触者になってしまった私はオンラインで授業を受けました。   山岸班と金子班は、証券取引所がテーマでゼミ生に馴染みのある内容であるため、多くの質問が出ましたが、一方、林班のテーマで

    続きを読む
  • 第7回ゼミ(7期生)

    今回は、プレゼンテーションの練習として、「日本が世界に誇る世界遺産一選」というテーマで、山岸班は白川郷、林班は法隆寺、金子班は古都京都の文化遺産について発表し、その発表を聞いていた人たちに、どこに行きたくなったかを投票してもらいました。結果は、多数決で山岸班が優勝しました。   今年度初めてのプレゼン発表でしたが、どの

    続きを読む
  • 2021年5月31日第6回ゼミ(7期生)

    今回のゼミは、大会に向けた中間報告は一旦お休みし、これまでとはテーマを変えて、4年生にも参加してもらい、2、3年生の3チームと4年生の4チームで初のディベートを行いました。 テーマは「教育において体罰は必要か否か」で、なかなか難しいテーマであったと感じました。 どの班も3年生を中心に良いディベートが繰り広げられていまし

    続きを読む
  • 第5回ゼミ(7期生)

    今回のゼミも、緊急事態宣言の発出が続いていますので、対面とオンラインを組み合わせたハイブリット形式で行われました。 今回のゼミも前回、前々回に続き、証券ゼミナール大会に向けた中間報告を行いました。 内容は山岸班、林班、金子班がそれぞれのテーマの論点整理をし、その後、3年生だけでなく2年生、4年生との質疑応答を行いました

    続きを読む
  • 第4回ゼミ+サブゼミを行いました(7期生)

    今週のゼミは緊急事態宣言が発出されていますので、対面での参加でも、オンラインでの参加でもどちらでの参加可能なハイブリッド型の授業でした。 今回のゼミでは、前回に引き続き各班が証券ゼミナール大会の参加テーマについて、調べてきた資料や論文の論理を発表しました。発表の後は、ゼミ生同士で質問をし合い、分からないところは先生から

    続きを読む
  • 第3回ゼミ(7期生)

    3回目の緊急事態宣言の発令で、4月30日のゼミは久しぶりにオンラインで行われました。 今回のゼミは、証券ゼミナール大会に向けた中間報告をしました。金子班と山岸班は、「国内証券市場の活性化」、林班は「日本におけるベンチャーファイナンスのあり方」を参加テーマにしましたので、それぞれの主旨文に沿ってこれまで考えてきた内容を発

    続きを読む
  • 第2回ゼミ(7期生)

    前回のゼミは、2、3、4年生が集まって、顔合わせを兼ねたリクレーションとして、みんなで謎解き大会を行ったため、今回が実質的に新年度に入ってから初めてのゼミでした。   今回のゼミでは、これから証券ゼミナール大会に向けて論文を書くにあたっての、論文の書き方、資料や文献の調べ方を先生が説明してくれました。特に、論文を書くに

    続きを読む
  • 2021年5月19日7期生第2回サブゼミ

  • 2021年4月27日7期生第1回サブゼミ

  • 2020年12月13日第10回ゼミ(7期生)

    今回のゼミでは、日本人の海外投資が増加しているという新聞報告から、「なぜ日本人が海外企業に投資をするのか」というテーマを各自が調べてきたことを報告し、その要因を知ることができました。 次に、「ディズニーリゾートに行く場合、ランドかシーか」という議題で討論をしました。これまでのテーマよりも,身近なテーマであったこともあり

    続きを読む
  • 第11回ゼミ(7期生)

    今日のゼミはゼミナール大会前最後の授業でしたが、3週連続で感染症対策のためオンラインで授業を行いました。 今日の新聞報告は、「社債発行 初の15兆円超」というテーマを石谷君が発表し、先生に解説していただきました。そして、今回も大会で活発に意見を発現できるよう、新聞報告の後に討論の練習をしました。今回は「朝食はパンを食べ

    続きを読む
  • 2020年11月29日第9回ゼミ(7期生)

    今日のゼミは、コロナウィルス感染症の感染が拡大し、ゼミナール大会を目前に控えているため、オンラインでの授業となりました。今回は新聞報告と討論練習を行いました。   新聞報告では「ESG企業に劣後ローン」について、報告と先生の解説のみでしたが、非常に興味の湧く内容でした。   討論練習では、「株式で長期投資をする際、イン

    続きを読む
  • 2020年11月15日第8回ゼミ(7期生)

    本日は、新聞発表とディベートをやりました。   初めてのディベートで、至らない点が多かったですが、先生や先輩方からの指摘をもらい、改善点が見つかったので良い経験になりました。自身の主張の優位性をもっと強調することや、議論に詰まったときには話題を変える、相手の立論をしっかり理解することを意識しながら、次回のディベートに臨

    続きを読む
  • 2020年10月22日第5回ゼミ(7期生)

    今回の新聞報告は、石谷くんが中国による日本国債購入の急増を発表してもらい、これについて国内消化が下がっている原因を全員で話し合いました。 次に、金子くんと山岸くんが『証券論』第9章のデリバティブの前半部分の発表を行いました。説明の後、現物取引、先物取引、コールオプション、プットオプション、空売り、空買いについて先生説明

    続きを読む
  • 2020年10月13日第4回ゼミ(7期生)

    今日も二つの班のうち、一方が『証券論』の第8章「証券格付け」について報告し、もう一方が報告内容に対して分からなかったことを質問しました。 今回は、特に、情報の非対称性とはどういうことを言うのか,また,格付け機関の「中立性」という問題に焦点を当てた話し合いとなり、歴史的に格付け会社の収益構造がどのように変化し、それに伴っ

    続きを読む
  • 2020年10月4日第3回ゼミ(7期生)

    今日から新聞発表を始めました。先週、先輩から教わったようにまず報告し、そしてそれに対するコメントをした後で、先生から出されたテーマを全員が調べて、討論しました。今回の新聞報告は「貴金属価格の急落」についてです。討論の最後に、金のETFの話など、まとまったお金がなくても金と同等の価格変動をする商品があることを知りました。

    続きを読む
  • 2020年9月26日第2回ゼミ(7期生)

    今回のゼミは、コロナ対策をしっかり行った上で、初めて全員そろって活動をすることができました。   まず、4年生の小林先輩が日経新聞を使った新聞報告の見本を見せて下さいました。先輩の報告を参考に、来週からの報告をどのようにすればよいかを確認できました。   次に、新聞記事を元ネタに少しみんなでなぜ日本人の海外投資が増えて

    続きを読む
  • 2020年9月25日2学期が始まりました(7期生)

    今日は、2学期初めての授業でした。 今日から、対面とオンラインのハイブリット型で授業を行いました。今日は2学期のオリエンテーションとして、来週からの予定を話し合い、教科書の輪読やディベートを中心としたゼミ運営をすることに決まりました。(担当:金子)

    続きを読む
  • 2020年8月22日第12回ゼミ(7期生)

    今回は1学期の最終ゼミとなりました。今回も引き続きオンラインで、「証券論」第6章の債券の基礎知識について学びました。 皆が理解できるように、難しかった利回りの計算方法など、ひとつひとつの公式を丁寧に教えて頂きました。(担当:城所)

    続きを読む
  • 2020年7月11日第10回ゼミ(7期生)

    今日は『証券論』第13章(狭義の機関投資家)をやりました。 主に投資信託の細かな内容について学びましたが、中でもETF関連については難しく、先生の説明を何回も受け理解を深めていきました。 また、今回から3年生と一緒にディベートをやりました。まだまだ私たちは未熟な部分が多く、先輩方の意見をしっかりと受け止めていきたいと思

    続きを読む
  • 第9回ゼミ(7期生)

    今週は、『証券論』の第14章(証券業)読み、分からないところの解説をしてもらいました。 バスケット取引とVWAP取引が難しく理解に苦しんでいたが、分かりやすい解説のおかげでしっかりと理解することができました。また、休憩を取ってくれて世間話などで盛り上がりました。(担当:山岸)

    続きを読む
  • 2020年6月28日第8回ゼミ(7期生)

    今日は証券会社の4つの業務を詳しく勉強しました。事前に教科書を読みましたが、なぜ証券会社がこうした業務をする目的が全然分からず、また、勉強するにも証券取引をしたことがないので、イメージしづらかったです。   今日の授業で、先生から具体的な例を示して、詳しく教えていただき、なぜ証券会社がこういう業務をするのかがやっと分か

    続きを読む
  • 2020年6月20日第7回ゼミ(7期生)

    今回は『証券論』の第4章を事前に読み、分からなかった部分を先生が解説してくれました。 日本とアメリカでは証券取引の仕組みが異なり、またアメリカのそれはかなり複雑でしたが、機関投資家の大口取引を処理するクロッシングネットワークの仕組みは深く理解できました。(担当:金子)

    続きを読む
  • 2020年6月13日第6回ゼミ(7期生)

    今回のゼミも引き続きオンラインで、「証券論」第3章の株式会社制度と株式発行市場について学びました。特に、ブックビルディングと株式公開について先生の資料と解説で理解を深めました。また、途中投資関連の雑談もあり、楽しく授業を受けることが出来ました。(担当:城所)

    続きを読む
  • 2020年6月6日第5回ゼミ(7期生)

    今回のゼミでは、前回に引き続き『証券論』という本の第2章「赤字主体のファイナンス」について学びました。その中でも特に、最適資本構成とモリジアーニとミラーが提唱したMM理論について詳しく学びました。   コロナの影響によって,授業はリモートになっており、しかも今日は大学から参加していた先生の通信状態が悪く、何度も授業が中

    続きを読む
  • 2020年5月29日第4回ゼミ(7期生)

    今日から、大村敬一,俊野雅司著『証券論』の輪読が始まりました。今日は、第1章を読んで分からなかった部分を、先生の説明を受け理解を深めていきました。 また、その後、第1章の復習問題について各個人の考えを述べ、その上で答え合わせをしました。(担当:林).

    続きを読む
  • 2020年5月23日第3回ゼミ(7期生)

    今回のゼミは、オンラインで先週に引き続き、田淵直也『金融の基本』を読んで分からなかった点の確認をやりました。 先生が時間をかけて作ってくれた資料がとても分かり易く、理解することができました。 そのあとに、2年生の役割を決めました。みんなやる気があり、すぐに役割が決まったので良かったです。来週も頑張ります!(担当:山岸)

    続きを読む
  • 2020年5月16日第2回ゼミ(7期生)

    今日から2年生ゼミが本格的にスタートしました。今日は、春休みの課題として、ゼミ生は田淵直也著『金融の基本』を各自が読んできました。この本を読んでみて、分からなかったところを事前にみんなで共有し、それを先生に解説してもらいました。また、3年生とのグループワークも始まります。いよいよスタートです。

    続きを読む
  • 2020年5月8日第1回ゼミ(5、6、7期生)

    駒澤大学では今日から授業が開始されました。深見ゼミでは、オンライン会議ツールを利用してゼミを行いました。 2年生、3年生は4月1日から今日まで、Yestudy(駒澤大学の学修支援システム)を使って、ゼミナール大会に向けて、各自が課題などを調べ、それに私がコメントをしたりしていましたが、それを通じて全体的に感じた点や十分

    続きを読む